お前たちなら行ける 来夏へ再起誓う学館浦安 後輩に託す甲子園 第100回全国高校野球 西千葉大会 第15日

  • LINEで送る

西千葉大会決勝で敗れ、「甲子園」に手が届かず悔しがる東京学館浦安の選手=26日、ZOZOマリン
西千葉大会決勝で敗れ、「甲子園」に手が届かず悔しがる東京学館浦安の選手=26日、ZOZOマリン

 「主力担った2年生、来年は甲子園に行ってくれ」。26日の第100回全国高校野球選手権記念西千葉大会決勝は、東京学館浦安が2-6で中央学院に敗れた。甲子園に一歩届かなかった東京学館浦安は、先発5人の2年生を軸に打線を組む若いチーム。全6試合に登板した3年エース、池田亮哉投手は「決勝まで来られたのは、2年生の支えがあったから」と後輩の力を認め、主戦が残る来年へ「お前たちなら行ける」と夢を託した。

 準決勝までの5戦のうち2戦がサヨナラという、勢いのある若いチームならではの勝利が目立った東京学館浦安。ただ、派手な印象を支えたのは「低めの球を打たせて取る」という堅い守りだった。

 決勝でも、堅守は光った。一回無死一、二塁の場面。併殺を成立させ、一度はピンチを切り抜けた。直後に適時打を放たれたが、併殺がなければ大量失点となりかねなかった。3年の三塁手、増田龍一選手が冷静にさばいていた。

 二遊間も、安定していた。3年の宇佐見辰樹選手と、2年の増田侑斗選手。先輩と後輩の息の合ったプレーが、幾度となくピンチを救った。

 後輩を引っ張る3年に、先輩を支える2年。全6試合に登板し、意地を見せた3年エース池田投手は振り返った。「今大会、遠藤のサインに一度も首を横に振らなかった」。

 遠藤湧士捕手は2年生。強気のリードを貫き、エースの信頼を得ていた。「(池田投手と)千葉県内一の黄金バッテリーを目指そう」と、常に心掛けていた。

 エースは最後に力尽きたが、悔いはない。「新チームになってから、調子が上がらない時もあった。それでも、最後まで信頼して支えてくれた」。遠藤捕手への感謝の思いがこぼれた。

 橋口孝司監督は「経験の差が出て敗れたが、選手は本当によくやった。この悔しさを忘れないでほしい」。経験を積んだ2年生らの新チームに期待する。

 共に戦った後輩への思いを、池田投手は打ち明けた。「来年は甲子園に行けるぞ。必ず頂点に立ってくれ」。感謝の言葉をエールに変えた。